Amebaマンガ
 
 
プリンスの誘惑
試し読み
 
 
 
 

作品紹介

祖国がそれで救われるなら、悪魔にこの身を捧げてもいい——財政難に苦しむ小国の王女アントネッラは豪華な船上パーティーで聞き覚えのある声に振り向いた。「王女が娼婦のまねごとか?」屈辱的な言葉の主はクリスティアーノ。尊大な王者の瞳をもった敵対する隣国の皇太子。かつて両国が友好関係にあった頃、密かに想いを寄せた男性だった。今でも忘れられないその声で、国を救えるのは自分だけだと言い放つクリスティアーノ。彼は私に身体を差し出せと言いたいのだ。

 

みんなの感想

もっと見る

5.0
レビュー数1
タップして評価しよう