Amebaマンガ
 
 
過去はささやく
過去はささやく

過去はささやく

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

悪いのは私。イヴはずっと自分に言い聞かせてきた。母に捨てられたのも、義父に襲われたのも、すべて自分が悪いのだ。その日も牧師に無理やり唇を奪われ抵抗すると「君が悪い」となじられた。何も望まず、教師としてひっそりと生きたいだけなのに。傷ついて逃げ帰ったイヴに、ただひとり「君は悪くない」と慰めてくれた人がいた。ジェイク。イヴは心から救われた。でも、彼にすがってはいけない。彼はあの女の恋人だから。若さと美に囚われ周囲を不幸にするあの女の…。

 

みんなの感想

4.0
レビュー数1
タップして評価しよう