Amebaマンガ
 
 
五つ星のプレイボーイ
五つ星のプレイボーイ

五つ星のプレイボーイ

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

勇気を出すのよ。父が遺したホテルを存続させるには、資金援助がどうしても必要なのだから。オパールは自分を奮い立たせ、同業者の国際ホテルチェーンのオーナー、ドメニコのもとへ商談に訪れた。世間からはプレイボーイと騒がれる彼だけどホテル経営に関しては一流だ。そして話に興味を示してもらえたが…「見た目と同じように、君の唇はいい味がするのだろうか」。彼が興味を示したのは私だった! しかも資金援助の条件のひとつとして花嫁になれと迫られて…。

 

みんなの感想

5.0
レビュー数1
タップして評価しよう