Amebaマンガ
 
 
過去への扉
試し読み
 
 
 
 

作品紹介

母親の過去を探すレブルは、意を決して館の呼び鈴を鳴らした。だが現れたのは長身のハンサムな男性ヒュー。しかもレブルを新しい乳母と誤解していた。一旦、誤解を解いたものの、孤児セレストの意固地な姿に自分を重ね、彼女のために館へ留まることにしたレブル。義父娘を関係修復しようと彼と親しく接するうちに!?

 

みんなの感想

5.0
レビュー数1
タップして評価しよう