Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
恋物語 10
恋物語 10

恋物語 10

試し読み
 

15世紀末から16世紀初頭。イタリアは小国家に分立して抗争に明け暮れていた。そん な時、ヴァチカンの法王の息子・チェーザレは、枢機卿職を辞任した。法王に次ぐ高い地 位を捨ててまで彼が望んだのは、死んだ弟・ホアンに与えられた教会軍の司令官の地位だ った。法王領を狙うヨーロッパ諸国から直接自分の手で守り、領土を広げるため志願した チューザレ。しかしチェーザレの本当の目的は、一国二国の国盗りではなく、イタリア全 土の統一だった。そのために邪魔なものはどんな手を使ってでも排除した。そして利用で きるものは何でも利用した。たとえそれが愛する妹でも…。 ●収録作品 チェーザレ・ ボルジア/影-オンブル-/北の国の野ばら

 

みんなの感想

タップして評価しよう