Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
ハヤブサ
ハヤブサ

ハヤブサ

試し読み
 

「モンスターみたいな声だ」と合唱部をクビになった隼。だが「おまえの声にはゆらぎがある。バンドをやろう」と姫野に持ちかけられる。一目惚れした謎の美少女・梓を振り向かせるため、末吉、今らと共に海岸でライブを決行することに…!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう