Amebaマンガ
 
 
男の子のことは何も知らない
男の子のことは何も知らない

男の子のことは何も知らない

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「俺もあんたも絶望的な片思い。だから慰め合うのに都合がいいだろ?」 俺は隣のクラスの千早をベッドに誘う。こいつは俺を好きじゃないから丁度良いと思った。俺は潮が好き。千早は楓が好き。だから潮の代わりにして傷を舐め合えばいいと…。でも触れ合えば嫌になるほど思い知る。俺が欲しい男はただ一人、潮だけ―――。チャラ系男子、クール美人、ドS男子、ツンデレくん。四人の高校生たちの片想いシンパシー。

 

みんなの感想

もっと見る

4.7
レビュー数31
タップして評価しよう