Amebaマンガ
 
 
いたいけな瞳〔文庫〕 3
いたいけな瞳〔文庫〕 3

いたいけな瞳〔文庫〕 3

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

冬の朝、いつものように出かけたきり帰らなかった父。それから、踏切で父を待つことが幼い栗太の日課となった…「犬」。など、清冽な世界を美しい筆致で描いた傑作短編7本を収録。

 

みんなの感想

タップして評価しよう