Amebaマンガ
 
 
火の鳥 手塚治虫文庫全集(10)
火の鳥 手塚治虫文庫全集(10)

火の鳥 手塚治虫文庫全集(10)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

百済国一族のハリマは戦に敗れ、敵の手により顔の皮をはがされてしまったかわりに狼の皮をかぶせられ、そのままの姿で日本に渡ることとなった。そこで彼は犬上宿禰(いぬがみのすくね)と名乗り、時の権力者と対等に渡り合う。そんな犬上のときたま見る不思議な夢。それは光とシャドーというふたつの勢力が対立する未来の姿だった……。過去と未来が交差するストーリーを描いた、『火の鳥』最後のシリーズ「太陽編」前編を収録。

 

みんなの感想

タップして評価しよう