Amebaマンガ
 
 
火の鳥 手塚治虫文庫全集(8)
火の鳥 手塚治虫文庫全集(8)

火の鳥 手塚治虫文庫全集(8)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

病に倒れた平清盛(たいらの・きよもり)は、火の鳥と信じて疑わない「火焔鳥」の血を飲むがあっけなく亡くなってしまう。清盛亡き後の平氏を討たんとする中で、木曾義仲(きそ・よしなか)や源義経(みなもとの・よしつね)が弁太(べんた)の大切な人々を殺害していく……。手塚治虫が源平合戦の時代を舞台に、権力をテーマに描いた「乱世編」後半を収録した『火の鳥』第8巻。

 

みんなの感想

タップして評価しよう