Amebaマンガ
 
 
花の慶次 ―雲のかなたに―  12巻
花の慶次 ―雲のかなたに―  12巻

花の慶次 ―雲のかなたに― 12巻

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

時は戦国時代、『かぶき者』と言われる武者たちがいた『傾奇者』とは、異風の姿形を好み、異様な振る舞いや突飛な行動を愛する者達真のかぶき者は、己の掟の為に、その命を賭したという…そんな天下一のかぶき者その名を前田慶次滝川一益の従兄弟の滝川益氏の実子にして、前田利家の兄前田利久の養子まさに織田軍団の中核の出でありながら、不遇な境遇に身を置かれるしかしそんな小さな枠組みに囚われることなく、慶次はいくさ人として死と隣り合わせの自由を愉しむ

 

みんなの感想

タップして評価しよう