Amebaマンガ
 
 
ホムンクルス 12
ホムンクルス 12

ホムンクルス 12

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

●主な登場人物/名越進(34歳。新宿の車上生活者だが、かつては外資系エリート銀行員だった。頭蓋骨に穴を開ける手術を受けて以来、左目に変なモノ=ホムンクルスが映るように)、伊藤学(22歳。名越に「頭蓋骨に穴を開ける手術」を施した医大生で、金持ちのボンボン) ●あらすじ/ホムンクルスの見えなくなった名越は、頭蓋骨に開けた穴が塞がったことが原因と考え、伊藤に再び手術を要求。今まで見えていた物も思いこみだと渋る伊藤だったが、しぶしぶ皮膚を開け、穴を埋めていた膿とカサブタを取り除く。それでもホムンクルスは見えないままだったが、最初開けたときも効果が出るまで時間がかかっており、名越は焦る気持ちを抱えて街を彷徨う…。 ●本巻の特徴/たった1人だけホムンクルスに見える女。かつて名越が関係した女の1人で、彼女の顔だけが他の遊んだ女たちの顔にコロコロ変わって見えるという。ホムンクルスがはっきり見えないのは頭蓋の穴が小さいせいだと考えた名越は、ついに禁断の行為を…!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう