Amebaマンガ
 
 
宝物は君のこと
宝物は君のこと

宝物は君のこと

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「宝はなあ、心にどれだけ詰まっているかなんだぞお」それが口癖だった、たったひとりの家族のおじいちゃんが亡くなって、おじいちゃんの遺産を引き継いだ七子。しかもなんとその金額3億円! 久々に家族のあたたかさを感じた七子。しかし近づく親戚一同、遺産が目当てであった…。

 

みんなの感想

タップして評価しよう