Amebaマンガ
 
 
滴るくらいに濡らしてやるよ~燻るカラダに火消し男子~(1)
滴るくらいに濡らしてやるよ~燻るカラダに火消し男子~(1)

滴るくらいに濡らしてやるよ~燻るカラダに火消し男子~(1)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「仕事の後は体が火照っていけねぇ…」火事に巻き込まれた私を人工呼吸で助けてくれたのは細マッチョの火消し男子――。火事をきっかけに江戸時代にタイムスリップしてしまった椿。彼女を助けた半纏姿の男は「火消しの後は気持ちが昂るんだ…」そう言うと突然椿の服を脱がし、カラダの隅々を舐めはじめる。その舌はついに彼女の大事な部分にまで…。だめ…強引なはイヤなのに、そんな丁寧に舐められたら…感じちゃうよぉ!

 

みんなの感想

タップして評価しよう