Amebaマンガ
 
 
俺はその日、先生にバックから挿されました。~恋の菊門任侠道~(1)
俺はその日、先生にバックから挿されました。~恋の菊門任侠道~(1)

俺はその日、先生にバックから挿されました。~恋の菊門任侠道~(1)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「興奮したのか?いっぱい出して仕方のない奴だ」ヤクザな俺が、男のアレを咥えながら後ろにアレを挿されているって…なんでーー!?東雲大翔(ヒロト)はヤクザ組長の1人息子。生徒も教師も怯えて絶対に近寄らない。そんなヒロトに唯一絡んでくるのは担任のイケメン教師・一ノ瀬。ある日自宅でオナニーに耽っているとあろうことか先生に現場を目撃されちゃって!?慌てるヒロトに「手伝ってやろうか?」って壁ドン!手取りアレ取り性活指導…って、マジかよ…!?さらには幼なじみのアキラまで突然押し倒してきて「俺も気持ち良くしてくれよ」…てアレを差し出してきて…。それ以来いつでもどこでも容赦なく挿さってくるイケメン2人の日本刀♂ヤクザも教師もDKも、もう…ビクンビクンのグッチョぐちょ!任侠男子の下半身、もう…限界なんですけどーーー!!

 

みんなの感想

5.0
レビュー数1
タップして評価しよう