Amebaマンガ
 
 
明智光秀
明智光秀

明智光秀

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

天正十年(1582)年六月二日———全武将を震撼させた謎多き男の物語!天下統一を目前にした主君・織田信長を、何故討たねばならなかったのか!? 『ときは今 あめが下しる 五月哉』(謀反の前に光秀が詠んだ発句)明智光秀は、主君・織田信長を本能寺に襲撃し、自害させた。彼は何故、謀反を起こさなければならなかったのか……?二人の出会いから『本能寺の変』までの過程を、独自の解釈で描破する!さらに、光秀の娘・細川ガラシャの物語も収録!

 

みんなの感想

タップして評価しよう