Amebaマンガ
 
 
直江兼続
直江兼続

直江兼続

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

将器——上杉謙信から受け継ぎし“義”の魂。稀代の智将・直江兼続、越後に起つ! “愛”の前立に込めし、不屈の魂。新たなる時代を担う将器、覚醒す——巨星・上杉謙信の死により巻き起こる内乱の嵐。豊臣秀吉に認められ、徳川家康に恐れられた大いなる将器が、いま、乱世の空へと舞い上がる!! 『謙信の時より先陣の下知して、麾取り候手に、斯る賤しき物執れば汚れ候故、扇に載せて候。』(名将言行録) 天正六年(1578)、戦国の世を燦然と照らした巨星・上杉謙信、堕つ。 謙信の養子である景勝の側近くに仕える・樋口与六——後の直江兼続は、いずれ迫りくる危機を予見して、ある重大な決断をせんとしていた— “愛”の前立に込めし熱き想い。謙信から受け継ぎし国と“義”の旗を、己が全てを懸けて守った大いなる将器・直江兼続、越後の国に起つ!!

 

みんなの感想

タップして評価しよう