Amebaマンガ
 
 
きらきら馨る(5)
きらきら馨る(5)

きらきら馨る(5)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

入内を前に、またもやトラブル発生!?庚申の宴で内裏中が沸き返る中、東宮御所で禍々しい脅迫状が発見された。そこには、陽朔の退位のほかにもうひとつ、神をも恐れぬ要求が認められていた……!!序章「庚申の夜篇」から続く新章「陽に群雲 花には嵐」、波瀾の幕開け!!

 

みんなの感想

タップして評価しよう