Amebaマンガ
 
 
魔法使いの娘(6)
魔法使いの娘(6)

魔法使いの娘(6)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

パパのまわりに、フツーのひとはいないワケ!!?私、鈴の木初音、ただいま霊とやらにちょっかいを出されています。そりゃーもう毎日!日本一の陰陽師の義理のパパが、式神・小八汰を裏切ったしっぺがえし(いい気味!)をくらい、眠りっぱなしだからなのですが、もーーーうっとうしい!そんな私をみかねて、パパの助手・兵吾がつれてきた“秘密兵器”。これ……どーーーみても、ヤのつく職業の方に見えますが!!?初音ちゃん、進化する!超人気のオカルティックシリーズ第6弾!!

 

みんなの感想

タップして評価しよう