Amebaマンガ
 
 
弓道士魂 2巻
弓道士魂 2巻

弓道士魂 2巻

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

蓮華王院・通称三十三間堂。柱と柱の間隔3・6メートル、柱の数は片側三十四本で、その全長120メートル。この120メートルを、手前から向こうまで廂にも縁にも当てないで矢を通す「通し矢」という競技が、昔武士の間で命懸けで行われた。各藩の意地や面目のために、幾多の豪傑たちが苦闘を強いられていく。紀州藩の下級武士の子・星野勘左衛門を通して描く、大傑作長編時代劇!!「第四章」「第五章」を収録。

 

みんなの感想

タップして評価しよう