Amebaマンガ
 
 
ワイド版鬼平犯科帳 13
ワイド版鬼平犯科帳 13

ワイド版鬼平犯科帳 13

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

三ノ輪の外れの“どんぶり屋”という飯屋では、めっぽう安く、美味くて飯は食い放題、おまけに無宿人や病人など貧しい人々にはただで雑炊を振舞っている……江戸で大評判になった店だったが、怪しいとにらんだ平蔵は客になりすまし、汚れ浪人者の格好で三ノ輪を訪れる……『土蜘蛛の金五郎』、辰蔵の通う坪井道場へ道場破りが入った。松田十五郎と名乗る浪人態のその男の申し出を坪井主水は受け入れたが、弥太郎と辰蔵ばかりでなく目録あたりの連中たちも歯が立たない。話を聞いた平蔵と左馬は、松田十五郎とは、かつての松岡重兵衛ではないかと思い立つ。二人に悪夢のような思い出が蘇る……『土泥鰌の和助始末』など4編を収録。

 

みんなの感想

タップして評価しよう