Amebaマンガ
 
 
ミナミの帝王 128
ミナミの帝王 128

ミナミの帝王 128

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

白い巨塔に蠢く、黒い欲望――製薬会社の暗部をえぐる衝撃シリーズ『白い疑惑編』開幕!!ライジングファーマ社で働くMR(医薬情報担当者)の緒方は、今日も朝から内科部長の出勤待ち。自社の降圧剤「パラチオン」を売るために、医者への接待営業に明け暮れる。男芸者もいとわない緒方だが、業界トップの「サゲール」との差は縮まらない。同僚の高村によれば、パラチオンにはサゲールに勝てない理由があるというが…!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう