Amebaマンガ
 
 
四月は君の嘘(10)
四月は君の嘘(10)

四月は君の嘘(10)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

公生(こうせい)と凪(なぎ)の連弾は大切な人へ想いを届けた。「もう一度、僕と一緒に弾いてください」公生の言葉が、かをりの心に小さな光を与える。公生は12月の東日本ピアノコンクール予選へ、かをりはリハビリへ……それぞれが懸命に前へと歩みを進める。そして季節は冬を迎える――

 

みんなの感想

もっと見る

5.0
レビュー数1
タップして評価しよう