Amebaマンガ
 
 
闘茶大名 利休七哲
闘茶大名 利休七哲

闘茶大名 利休七哲

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

茶と武の道に捧ぐ己が身命のすべて。 千利休とその高弟達が選びし、果てしなく険しき“茶の湯”の道。乱世の混沌の中で貫き通した壮絶なる生き様とは————!? 織田信長、豊臣秀吉の茶頭を務め、茶の湯でもって戦国の世を戦い抜いた大茶人・千利休。利休に師事し、後世「利休七哲」と呼ばれる高弟達もまた、茶人として、そして武人として戦いを挑んでいく————— 高山右近、蒲生氏郷、織田有楽、荒木村重ら「利休七哲」が生涯のすべてを捧げて歩んだ壮絶なる“茶の湯の道”とは!?戦乱の時代で“茶”に生き“茶”に死した男達の物語!!

 

みんなの感想

タップして評価しよう