Amebaマンガ
 
 
第九の波濤 13
試し読み
 
 
 
 

作品紹介

タイトルの意味が明らかに! 亡き潜木と向きあう為、再び海に戻った湊。 外洋帆船部の同期らと選んだ行き先は対馬・厳原。 途中待ち受けるのは難しいと言われる対馬海流。 潜木に頼ってばかりだった同期3人の力だけで ここを越えたい…! だが時化も重なり、船の制御は困難を極め…!! 荒れ、うねり、騒ぐ海を前に、 湊たちはある一枚の絵画の話を思い出す。 それは立ち寄った野崎島の島守・リチャード氏から聞いた 船乗りなら誰しもが奮い立つ希望の物語--- タイトル『第九の波濤』の意味を知る、記念すべき今巻。 雑誌掲載時に大反響、 湊と平瀬奈津の禁断の愛がたまらない、 稲佐山の横恋慕事変も収録!

 

みんなの感想

もっと見る

タップして評価しよう