レビュー記事

終わって寂しい!2017年下半期に幕を下ろした至高のマンガ5本

  • L・DK
  • 拝み屋横丁顛末記
  • 7SEEDS
  • いぬやしき
  • 青夏 Ao-Natsu
毎年いろんなマンガが始まっては終わっていきます。お気に入りの作品であればあるほど、終わった時の「***ロス」感は毎回私を寂しくさせます。
今回は2017年に幕を降ろした作品の中から、お気に入りの作品をご紹介します。
  • L・DK

    1〜3巻を読む

    マンガとは、現実では遭遇しない女子の妄想を、ど真ん中からから叶えてくれる素敵なツールだと思うんですが、L・DKはその最たるものと言っていいのかもしれません。
    ドS系イケメン王子・柊聖のキャラはもちろん、彼の名言、数々の神展開、女子の大好物を各種取り揃えた感! しかもキザっぽくない名言もいいん♪
    人が人と、そして自分と “ しっかり向き合う ” というのが一貫して描かれていて、色々ハッとさせられる作品でもありました。あーもうチョイ読んでいたかった!
    このマンガを詳しく見る
  • え?最終巻!? と、まさか拝み屋が終わる日が来るだなんて全く予想してなかったので、最終巻を見て本気で衝撃を受けました。
    ありふれた商店街の一角にある“拝み屋横丁”の日常を描くコメディで、題材はホラーで目に見えない禍々しいもの題材にしているのに、どこかハッピーでハートフルという不思議配合。
    三爺をはじめ全体的にキャラがくせ強めで、厄介なのに、なぜかとっても愛くるしくて、大好きな作品です。
    あー、ずっとこの世界の話を読んでいたかったな…。
    このマンガを詳しく見る
  • 16年にわたって壮大な世界を描き続けた7SEEDSが有終の美を飾りました!
    未来に命をつなぐために懸命に生きる若者たちの姿が描かれていて、はじめは、この世界はいったい何なのかという謎のなかで生き抜くハードなサバイバルSFホラーと思っていたんですが、気づいたらいつのまにか愛と命の物語になっていきます。
    ちなみに、外伝が前・後編で出てるんですが、これがホントのラスト!1月の発売もお見逃し無く!!
    このマンガを詳しく見る
  • 兵器化されて突然強大な力を手に入れた初老のサラリーマンと男子高校生、2人の物語です。
    強さを手にいれたときその力をどう使うのか、明暗のコントラストがお見事で、物語への引きこまれ方がえぐかったです。
    最終巻なんてほぼセリフないのに、絵のクオリテイの高さからなのか、息をのむ場面の連続!! はな子が空へ向かって吼えてるとこから最後まで、胸がぎゅーっと掴まれて苦しくなりました。
    ラストの展開に賛否両論ありますが、私は嫌いじゃないです!
    このマンガを詳しく見る
  • 都会育ちで高1の主人公・里緒が、田舎にあるおばあちゃんの家で過ごした夏休みの40日間を全8巻て綴った作品。
    その40日は濃密で、恋したり、人とちゃんと関わったり、将来を見つめてみたり…erc、青春時代に身近であったような苦悩が描かれます。最終巻では夏休み明けなんですが、たったの40日だったはずなのに変化がすごい!(笑)
    どう着地するのか不安でしたが、万々歳の結末だと思います!
    このマンガを詳しく見る

まとめて立ち読み
5

ワーカホリックで婚期迷走中NIKO
39歳 | 読書のお時間ですスタッフ
そのうち結婚しますと両親に挨拶して早3年、「私たちいつ結婚するんだっけ?」という疑問はあるけれど、仕事にかまけてのらりくらりと婚期が迷走しています。
結婚は?って聞いてくる人全員トイレにはまって抜けなくなればいいのにって思って生きてます。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.