レビュー記事

女性ギャグマンガ家、中村光先生の、シュールギャグ連発マンガ

  • 聖☆おにいさん
  • 荒川アンダー ザ ブリッジ
  • 中村工房
  • ブラックナイトパレード
  • 大斬―オオギリ― 西尾維新原作読切集
ギャグ漫画家は寿命が短いと言われています。それほど、ギャグを考えぬくのは大変なことなんでしょう。その中にあって、次々のヒット作を飛ばしているのが中村光先生です。
中村先生が女性だと知ったときは嬉しかった! 漫才師とかってほぼ男じゃないですか。女性もこんな笑えるものが作れるんだな、とウキウキしました。
  • 発売日に買ってます! 立川におりたった二人のカリスマ的存在、ブッダとイエス・キリスト。二人のほんわか同棲生活をシュールな笑い満載でお届け! 二人共イイ人すぎて! こんな教祖ならついていきたい! って思っちゃいました。
    仏教やキリスト教の小ネタも満載なので、宗教に詳しいという方も突っ込みながら楽しめると思いますよ。
    このマンガを詳しく見る
  • なんて言ったらいいのか…荒川の河川敷、橋の下に住んでいる不思議な人々との交流の物語…って意味わからないですよね? そうなんです。意味わからない! と3ページに1回は叫んでしまう本作。
    だが、それがいい! 中村先生お得意のシュールギャグがさえわたっている一作です。こんな河川敷があったら行きたい…やっぱ、行きたくない…いや、遠くから見てみたい!
    このマンガを詳しく見る
  • 中村光先生の初期作品です。それにしても、シュール度高すぎです! 中村先生の作品を読んだことが無い、という方は別のマンガを先に読んで、シュールさに慣れたのちに、こちらを読んだ方がいいかと思います。
    ギャグが盛りだくさんなのですが、ベタなものは少なめで、よくこんなの考えつくなあ、というものばかり。中村光先生ファンは必見です。
    このマンガを詳しく見る
  • 中村光先生の新境地!主人公は内定が取れずにコンビニバイトをしながら卑屈になっている青年。
    そんな青年のもとにブラックサンタを名乗る怪物(?)が現れて月給30万円で内定を出すとの申し出が。黒いサンタに雇われた主人公の仕事とは?
    笑いの要素はありつつも、ちょっとダークな部分もある、新しいタイプのギャグマンガです。続きがとにかく気になります!
    このマンガを詳しく見る
  • 短編集です。中村先生の作品が一作収められています。
    中村先生は、ザ・ギャグマンガ家! というイメージですが、本作はかなりシリアスでした。なんでも願いを叶えられる力を持った主人公が、唯一望んだ願いとは?
    短編作品ですが、人間の幸せとはなにかを考えさせられるような深いテーマの作品でした。幸せって案外身近なところにあるのかもしれない、と思わされる一作です。
    このマンガを詳しく見る
こじらせ恋愛難民Ryoko
35歳 | 読書のお時間ですスタッフ
同じ彼氏と半年続いたら「Ryokoにしたらめっちゃ続いてるやん」と言われる京女。
「王子様は現実にはいない」と先日やっと気付いたので、イケメンは主にマンガで補ってます。現実逃避のために読んでるマンガにリアルに励まされてます。このままでいいんでしょうか?

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.