レビュー記事

【閲覧注意】瞬殺・爆笑必須の「恋愛ネタマンガ」ベスト5

  • それを、こう。
  • かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~
  • 僕と君の大切な話
  • 壁を、ドン。
  • 徒然チルドレン
恋愛をテーマにした作品は多種多様。感動的で胸キュンの恋愛マンガも良いですが、肩の力がストンと抜けるような恋愛マンガも捨てがたいものがあります。
そこで今回は、爆笑必須の「恋愛ネタマンガ」ランキングをご紹介します。
  • 一時期SNSを騒然とさせた、2ページマンガ。一見ラブラブなカップルが、ページを挟んであらぬ格好となってしまいます。
    ものすごく細かいのですが、まるで何事もなかったかのように続いていく感じがなんともシュール。電車では読んではいけません。絶対に。
    このマンガを詳しく見る
  • 両思いなのに進展ゼロ……。恋に不器用な二人の「恵まれた人間」の物語です。家柄も人柄も良し、進学校の生徒会副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行によるラブコメ。しのぎを削る姿は、さながら頭脳戦のよう!
    「はいはい、できるやつってそうだよね?」と、読みながら苦笑してしまう作品。変な方向に拗らせてしまっている二人は、かえってどこか微笑ましくもあります。
    このマンガを詳しく見る
  • 理屈っぽいメガネ男子・東くんと、彼に恋する残念美人・相沢さん。駅のホームにあるベンチを舞台に繰り広げられるシチュエーションコメディです。
    この二人の会話がとにかく面白い! ときに相手を論破するほど言い争いながら、ときに微妙な空気を流しながら、男女の思考回路の違いについて語りあう二人。読みながら二人のテンポの良いおしゃべりに思わずクスッと笑ってしまうこと間違いなし。
    このマンガを詳しく見る
  • ランキング1位『それを、こう』の大野先生の別作品。あの「壁ドン」が先生のゴッドハンドにより、最高のオチがつけられています。
    最高なのが、キャラクターたちの表情。まるで親でも殺されたかのような勢いで相手に向かっていく姿勢は、笑いのツボに入ると大変です。何度だって読みたくなる、楽しい恋愛マンガと言えるでしょう。
    このマンガを詳しく見る
  • この作品の魅力は何と言っても個性的なキャラクターたち。一癖も二癖もある登場人物たちが織りなすドタバタ恋愛劇です。
    一本は四コマと短いですが、複数本を括りとして必ずと言っていいほど「オチ」がついてきます。四コマならではのスピード感、華麗な起承転結に、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし。ストーリーと一緒に彼らの個性も楽しんで!
    このマンガを詳しく見る
5年の恋愛を引きずるライター 花輪えみ
29歳 | スペシャリスト
コラムニスト/ライター。
学生の頃から付き合っていた彼氏と5年目で別れ、恋愛モードを一時停止。その彼との別れで生まれた「後悔」が、執筆の原動力となっている。現在、大量のマンガ・小説からエネルギーを充電中。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.