レビュー記事

「不倫」ってそんなに悪いことですか?結婚と不倫をいま一度考える3作

  • あなたのことはそれほど
  • 1122
  • 海街diary
週刊誌もワイドショーも不倫、不倫、不倫の話題ばかり。
もちろん不倫は悪いことですが、そこにはそれぞれの夫婦の事情が存在することもあります。
脊髄反射で糾弾のではなく、一度冷静になって、不倫を、そして結婚を考えてみませんか?
  • 不倫は飽くまでも当事者間の問題ですから、罰するも許すも、最後はやはり当事者に委ねられます。
    本作が描く2組の夫婦は、不倫をきっかけに大きくその運命を狂わせて行きました。
    軽い気持ちで初恋の男と関係を持った女と、妻の不貞を察して精神のバランスを崩して行く夫。本能の赴くままに不倫を始めた男と、妙に勘の良い妻。
    ドロドロのW不倫の果て、それぞれの夫婦が出したそれぞれの結論に、あなたはなにを感じるでしょうか?
    ドラマ版とはまた違う味わいを湛えた、名手・いくえみ綾先生の傑作です。
    このマンガを詳しく見る
  • 1122

    1〜2巻を読む

    描かれるのはとある若い夫婦。
    しかしどうも様子がおかしい。なんとこちらの夫婦、お互いに「不倫」を認め合っているのです。 きっかけはセックスレス。
    不満を感じる夫に、妻は家庭に恋愛を持ち込まなければ不倫OK……というルールを作ってみたものの、いざ婚外恋愛にウキウキする夫を見るうち、妻の心にはさざ波が立ち始めます。
    大胆なシチュエーションから結婚を考え直す問題作です。
    1122
    このマンガを詳しく見る
  • 2013年マンガ大賞受賞作。
    鎌倉に暮らす4人姉妹を描いた群像劇ですが、そのうちしっかり者の長女が不倫の恋に身を焦がしています。
    とはいえこちらはかなりの訳あり。
    相手の既婚男性には、心を病んだ別居中の妻がいました。実質的に結婚生活は破綻しているとはいえ、離婚にこぎ着けるのは至難のワザです。
    そうして2人の関係は出口を見出せぬまま続いて行くのですが…。
    長女の出した結論に、はたしてあなたは納得できるでしょうか。
    このマンガを詳しく見る
女子マンガ研究家・小田真琴
スペシャリスト
少女マンガを卒業した女性のためのマンガ「女子マンガ」を雑誌やWebで紹介しています。
多くの女性はある時期を境に「現実の男」に忙しくなってマンガから離れてしまいがちなのですが、それはちょっともったいないと思うのです。
そうした女性をマンガの世界に連れ戻し、楽しんでいただけたらよいなあと考えております。
ちなみに男です。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.