レビュー記事

読んでるだけで物欲爆発! ファッション描写がおしゃれなマンガランキング

  • 東京アリス
  • グッドモーニング・コール RMCオリジナル
  • Real Clothes
  • ラブ★コン モノクロ版
  • きせかえユカちゃん
街中でウィンドウショッピングをしたり、ファッション誌を読んだりしていると、途端に物欲がわいてしまうという女性は多いはず。しかし私たち女性の物欲を刺激するのは何もそれだけではありません。マンガの中に登場するおしゃれファッションだって、ときに物欲を刺激する大きなスパイスとなるのです。
  • 女の人生において“ショッピング”と“恋愛”は似ている、と私は思っています。というのも、まだ幼かったあの頃。私たちは「大人になったら自分が稼いだお金でブランド物のバッグを買いたい」「大人になったら理想の相手と出会って結婚したい」というまだ見ぬ“大人の自分”に夢を膨らませていました。
    しかし現実は理想通りにいかないもの。実際、大人になると欲しいブランド物を買うために日々の生活を節約し、理想の相手と結婚するどころか出会いすら訪れない日々の連続。
    それでも私たちがショッピングも恋愛もやめられないのは、そこに言葉では言い表せられない楽しさが存在するから。そんな気持ちを思い出させてくれるのが『東京アリス』です。
    東京アリス
    このマンガを詳しく見る
  • 中学生の男女がひょんなことから同棲を始めるという、現実ではまずありえない憧れ設定の恋愛マンガ。その恋愛模様も気になるところではありますが、それと同様にご注目いただきたいのが、女子キャラたちのファッションセンスの高さ! 10年以上前の連載作品であるにもかかわらず、彼女たちのコーデは今でも参考にできる部分がたくさんあります。
    また作者の高須賀先生自身が大の買い物好きということもあり、作中では女子キャラたちの買い物シーンが頻繁に描かれています。
    恋愛マンガであるはずなのに、読了後なぜか買い物に行きたい衝動にかられる。そんなトキメキと物欲を同時に摂取できるおしゃれマンガです。
    このマンガを詳しく見る
  • ふらっと立ち寄った店で「良かったら試着どうぞ」と販売員から声をかけられ、ゆっくりウィンドウショッピングを楽しめなかった……という経験を持つ女性は多いはず。実際、販売員から必要以上に声をかけられるという行為は、人によっては苦痛を感じることかもしれません。
    しかし百貨店の婦人服売り場を舞台にした『Real Clothes』を読むと、その考えにも変化が表れます。
    今まではただ単に面倒くさいと思っていた販売員からの声かけも、今後は「本当に自分に良いアドバイスをくれる人に出会いたい」と思えるようになるはず。そして的確なアドバイスをくれる販売員に出会うことができれば、これまで以上にあなたの買い物ライフも充実することでしょう。
    このマンガを詳しく見る
  • 主人公を筆頭に、登場人物全員が私服センス抜群のおしゃれさん。物語と合わせてファッションにも注目したい『ラブ★コン』。そしてこのマンガはただファッション描写がおしゃれなだけでなく、実際に私たちでも真似できるコーデテクが取り入れられているのです。
    たとえば高身長の主人公・リサの場合、基本のパンツルックにデザイン性のあるトップスを合わせることで、身長差を活かした足長コーデを実現しています。
    このように各キャラの個性に合ったコーデに注目して読んでみると、また違った意味でも楽しめるはず。そして読み終わったあとは自分に合った全身コーデを揃えるべく、すぐさま買い物に行きたい衝動にかられることでしょう。
    ラブ★コン モノクロ版
    このマンガを詳しく見る
  • 物心がつくと同時に“女”を意識し始めるのが女子という生き物。母親の化粧台に置かれた赤い口紅をこっそり使ったり、物語に出てくるプリンセスに憧れて服装を真似してみたり。
    そんなおしゃれに興味を持ち始めた幼き時代を思い出させてくれる作品が、この『きせかえユカちゃん』。ユカちゃんの日常は、常にファッション第一。親友と一緒に何日もファッションの研究に明け暮れたり、大好きな洋服を買うためにお小遣い稼ぎをしたり。そんなちょっと“おませさん”でありながらも憎めないユカちゃんの姿を見ていると、「やっぱりおしゃれって楽しいな」という気持ちを改めて実感することができます。
    このマンガを詳しく見る
自堕落な生活とくだらない笑いを追い求める関西ライターLISA
33歳 | スペシャリスト
フリーライター/コラムニスト。
高校時代は青春のすべてをギャルサーにささげてきた元・ガングロギャルだが、中身は生粋の漫画&ゲームオタク。
少年・青年漫画を中心にメジャーからマイナーまでジャンルを問わずに何でも読む雑食系。でも王道ジャンプだけはやっぱり別格だと思っています。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.