レビュー記事

生まれ変わったらこの世界に行きたい……。イケメンだらけのウハウハマンガTOP5

  • BLACK BIRD
  • 虹色デイズ
  • 執事様のお気に入り
  • ヤマトナデシコ七変化 完全版
  • DAYS
「イケメンだけがいる世界に行きたい」が疲れたときの口癖である、イケメン大好きライターのLISAです。いやもう、本当にそこに存在しているだけで疲れを癒してくれるイケメンの存在は偉大です。そんな私が声を大にしてオススメしたい、登場人物がイケメンだらけのウハウハマンガを今回はご紹介したいと思います。
  • 少女マンガといえども、どこかにリアリティさを重視する夢のない人間代表の私。当然、人間と妖怪との恋愛物語である『BLACK BIRD』も最初は「リアリティがないからハマらないかも」などと考えていたのですが……。
    本当に失礼なことを考えてごめんなさい。ハマらないどころか、読み始めて数分後には主人公の相手役であるイケメン天狗を「匡さま」と呼び始める程度にはどっぷり惚れ込んでおりました。
    そして匡さまを始め、その周りを囲むイケメン天狗の面々……。彼らの姿を見て私は決意しました。もしこの先天狗からプロポーズされることがあれば、二つ返事で嫁に行こうと(※ただしイケメンに限る)。
    BLACK BIRD
    このマンガを詳しく見る
  • 街中で男子高校生が笑いながらふざけ合っている姿を見ると、「青春だな」と微笑ましく感じるくらい、年を重ねてしまった私。でもあまりジロジロ見ていると不審者扱いされてしまうじゃないですか。だから私はその欲求(?)を『虹色デイズ』を読むことで解消しています。
    この作品にはタイプの違う4人のイケメン男子高校生が登場するのですが、もう彼らの青春ぶりを見ていると、まるで自分が親戚のおばちゃんにでもなったかのような気持ちにさせられます。彼らの恋路を応援したり、友情を深め合う様子を見守ったり。とにもかくにも見ているだけで幸せな気分を分け与えてもらえます。いやはや、私もこんな青春送りたかった(本音)。
    このマンガを詳しく見る
  • 登場する男性キャラが全員イケメンのうえ執事という、妄想女子にはたまらない物語設定で始まる『執事様のお気に入り』。同時に優男、クール、ドS、いじられ系などさまざまなタイプのイケメンが次々と登場するため、必ずあなたのお気に入りのイケメンキャラが見つかります。
    ちなみに優しく見えて実はドSの執事キャラがお気に入りの私。読み進めれば進めるほど、彼から「お嬢様」と呼ばれる自分の姿を想像するという妄想が止まりません。そして読了後に即、お嬢様どころか自分がただのイタい女であるという現実に引き戻される。そんな負のループを繰り返しながら毎日の生活を送っております。
    このマンガを詳しく見る
  • ひょんなことから4人のイケメンとひとつ屋根の下で暮らすことになった主人公。……と、少女マンガ好き女性であれば、誰もが一度は憧れるこの物語設定!
    しかも4人が主人公を奪い合うわけではなく、友達感覚でふざけ合ったり、さまざまな苦難を乗り越えたりという展開が続くので、「主人公だけがイケメンをひとり占めして!」と無意味な嫉妬を抱くこともありません。ただただイケメンの一挙一動にキュンキュンしながら読み進めることができるのです。
    そして何と言っても4人共イケメンなのに、それぞれのキャラがまったく違うタイプであるのがまた良い! 個人的には可愛い系男子キャラの雪之丞君のような男性と現実で出会いたいと思っています。
    このマンガを詳しく見る
  • もしかすると女性の中には「スポーツマンガは暑苦しくてちょっと……」「ルールをよく知らないから」と思う方もおられるかもしれません。でもこの『DAYS』は違うんです!
    実際ルールをよく理解していない運動音痴の私でも、すんなり物語の中に入り込むことができました。そのうえ登場人物全員が爽やか。熱い情熱を持って、高い志を抱いているのに爽やか。何が言いたいかと言うと、全然暑苦しくない!
    なによりサッカーを通してイケメンたちが友情を築く青春の形は、涙なしで読むことができません。そんな彼らの姿をぜひ、サッカー部の女子マネになった気分でご覧ください。
    このマンガを詳しく見る

まとめて立ち読み
5

自堕落な生活とくだらない笑いを追い求める関西ライターLISA
33歳 | スペシャリスト
フリーライター/コラムニスト。
高校時代は青春のすべてをギャルサーにささげてきた元・ガングロギャルだが、中身は生粋の漫画&ゲームオタク。
少年・青年漫画を中心にメジャーからマイナーまでジャンルを問わずに何でも読む雑食系。でも王道ジャンプだけはやっぱり別格だと思っています。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.