レビュー記事

平和すぎる日常を送っている女子に!心揺さぶる涙活マンガ

  • ペン太のこと
  • イヴの時間
  • 1/11 じゅういちぶんのいち
  • 星守る犬
  • 夕凪の街 桜の国
日常生活で最近泣いていない、ドラマが起こらないと考えている女子のみなさんこんにちは。平和って素晴らしいですよね。でも、単調な毎日もつまらない。
今回は、私が心を揺さぶられた涙なしには読めないマンガをご紹介します!平凡な日常に感動を!
  • 私、この作品は三回読みました。そして母と姉に送りました。母からはその日のうちに「も〜涙が止まらんやん…」というメールが来ていました。姉夫婦も作者のファンになって、サイン会が無いかどうか調べたとか。とにかく…犬や猫を飼ったことがある方、亡くしたことがある方の心に突き刺さる作品です。
    ペン太やそのほかの猫ちゃんの可愛さに、胸がぎゅっとなります。
    このマンガを詳しく見る
  • 最近あらゆるところで見かけるロボット「ペッパー」くん。お店に入店したら挨拶してくれたり、受付してくれたり。ロボットの進化を身近に感じている現代だからこそ、本作は「こんな未来、もしかしてくるかも」と思わされます。
    時は、近未来。人間とアンドロイドが共存する世界で、何が起こるのか。人間とアンドロイドの交流を丁寧に描いた作品。世界観が素敵です。
    このマンガを詳しく見る
  • 私はサッカーには、興味がありませんでした。ちなみにこれは、サッカー部に所属する人々にフォーカスしたマンガです。ですが、このマンガにはやられました!
    各話ごとに、主人公の周りにいる人たちを、一人ひとり取り上げていきます。ですから、脇役といえど、主人公の都合のいいように動く脇役ではなくて、ある意味全員が主人公にも思えます
    一人ひとりのキャラの描き込みが深いので、まるで現実に存在している人かのように、感情移入ができます。
    このマンガを詳しく見る
  • おとうさんと愛犬ハッピーの物語。
    冴えなくて妻にも娘にも捨てられてしまったおとうさんに唯一最後まで寄り添い続けたハッピーの姿は、涙無くしては読めません…。
    おとうさん、ハッピーに出会えてよかったね…人と人との出会いと同様に、一緒に住むことになる動物との出会いもかけがえのないものなのだな、と感じさせられました。
    このマンガを詳しく見る
  • 大ヒット映画『この世界の片隅に』の原作マンガを描かれた、こうの史代先生の傑作マンガ。
    舞台は広島。戦争反対!と声高に叫んでいるわけではないのに、戦争の悲惨さ、辛さがひしひしと伝わってきます。
    読むのが辛くなるような場面もありますが、現代に生きる私達が、逃げずに、直視しなければならない大事なことが描かれていると思います。
    このマンガを詳しく見る
こじらせ恋愛難民Ryoko
37歳 | 読書のお時間ですスタッフ
同じ彼氏と半年続いたら「Ryokoにしたらめっちゃ続いてるやん」と言われる京女。
「王子様は現実にはいない」と先日やっと気付いたので、イケメンは主にマンガで補ってます。現実逃避のために読んでるマンガにリアルに励まされてます。このままでいいんでしょうか?

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.