レビュー記事

アニマルだって楽じゃない!?「ほっこり動物マンガ」ランキング

  • しろくま荘は、四六時中。
  • しばたベーカリー
  • ほんとにほんとにほんとにほんとにライオン田
  • インコ様々
  • きのこいぬ
マンガの主人公は人間だけではありません。私たちを日々の疲れから解放してくれる動物たちも立派な主役。
今回は、ほのぼの癒やし系からちょっとシュールな動物系作品を厳選! お気に入りの子を探してみてください。
  • 何かに失敗した時に動物をモフモフしたくなりませんか。大学生合格を機にシェアハウス生活を始めた甘野。なんと、そこの管理人はシロクマでした。大家さんは、住人が落ち込んだときに抱きしめてくれるという、最高の「モフりラクゼーション」を提供してくれます。
    しかも、住人たちはシロクマの大家さんを当然として暮らすクセの強いヤツらばかり。ドタバタの新生活スタートを優しいシロクマと遅れるステキな日常をこっそりのぞいてホッコリしちゃいましょう。
    このマンガを詳しく見る
  • 犬ではないけれど、犬にソックリなために「柴犬」の姿で描かれているパン屋のご主人・しばたさん。本当は人間とわかっていながらも、けなげに接客をする姿をみるだけで胸がホッコリしてきます。
    実はしばたさん、脱サラしてパン屋を始めるも、奥さんに逃げられるわ、クールな息子になじられるわ、なんだか切ない日々。それでも「負け犬根性」で、パン焼きにいそしむ姿にページの向こうのしばたさんを抱きしめたくなってしまうでしょう。
    このマンガを詳しく見る
  • 百獣の王・ライオン。しかし、ライオン田さんはライオンなのに草食系。ライオンなのに小心者 。そんな、ライオンらしからぬライオン田さんの生態がよくわかります。
    これを読んでいると「女だから」「オトナだから」と一口にくくられたり、くくったりすることのバカらしさを感じます。思わずエールを送りたくなるライオン田さんの奮闘っぷりにも注目です。
    このマンガを詳しく見る
  • のぞきインコに嫉妬インコ、ラブラブインコに潔癖インコ、はたまた飼い主抹殺インコ……。個性豊かな6匹のインコに365日振り回される日常エッセイです。
    愛らしくデフォルメされた、特徴のあるインコたちをみると、東條先生がいかに「無我夢鳥」状態なのかがひしひしと伝わってきます。インコたちの動きを表すカワイイ擬音も見落とせません。
    このマンガを詳しく見る
  • 「えっ、これ何ていう動物……?」私をはじめ、第一印象でそう思う読者は少なくないと思います。愛犬・はなこを亡くして傷心のほたるが、庭に生えたピンクのきのこを見ていたときに、もぞもぞと現れたのが「きのこいぬ」です。
    雑な性格で手もかかるけど、その分だけまっすぐに想いを伝えてくれるきのこいぬ。ペットを飼ったことがある人も、ない人も、胸キュン確実のひたむきさにやられてしまいそうです。
    このマンガを詳しく見る
5年の恋愛を引きずるライター 花輪えみ
29歳 | スペシャリスト
コラムニスト/ライター。
学生の頃から付き合っていた彼氏と5年目で別れ、恋愛モードを一時停止。その彼との別れで生まれた「後悔」が、執筆の原動力となっている。現在、大量のマンガ・小説からエネルギーを充電中。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.