レビュー記事

【恋せよ乙女】臆病は卒業!ぐいっと背中を押してくれる恋マンガ5選

  • きょうは会社休みます。
  • 恋は雨上がりのように
  • 君に届け リマスター版
  • こいいじ
  • 僕と君の大切な話
好きだけど、傷つくのは怖い…。とくに大人になると余計ですよね。
好きな人が出来ない、未練のある恋をしているなど、恋愛のカタチも様々で、想いも複雑。
そんなあなたの心にそっと寄り添い、背中を押してくれるマンガ5冊をお届け!
あなたの恋が実りあるものになりますように…★

  • 2014年、豪華キャストによりドラマ化され、【田之倉くんロス】が発生するほど話題になった作品。
    恋愛経験ゼロ=年齢(33歳)の青石花笑と、イケメン大学生田之倉くんとの恋愛模様を描いたストーリに胸キュン必至!

    ひとまわりも年下の男との恋なんてありえないと、分かっているけれども止められないのが恋。
    花笑さんが恋に前向きになるシーンには、思わず「行け行け!」と応援したくなる!


    壁ドンや、頭ポンポン、後ろからギュッなど、心がキュンキュンする要素が詰まっているのも、この作品の見所!
    とくに、不意打ちでキスをしたり、スマートにこなしちゃう田之倉くんが個人的にはツボ(笑)

    "恋愛は楽しくて幸せなもの"であることを教えてくれる作品です★
    きょうは会社休みます。
    このマンガを詳しく見る
  • ファミレスでバイトする高校2年生・橘あきらとファミレス店長のピュア恋ものがたり。
    恋に一直線に突き進んでいくあきらと自己評価が低く現実的な考えをする店長の、初デートは、ツッコミどころ満載!くすっと笑えて心があたたかくなります。

    店長は、あきらが面と向かって「好きです」と伝えているにも関わらず、
    「好きです」の意味に気づけないほど、鈍感。
    「俺なんかのどこがいいの?」と何回も自問自答を繰り返す姿は、一周回って可愛らしく思えるほど。

    普段クールなあきらだけども、家で店長とのデートを心待ちにして、赤面したり、
    教科書に相合傘かいたり、一緒に観た映画の半券を戦利品にしたり。
    そんな恋をしているあきらの姿も愛おしい!

    「人を好きになるのに、理由なんていりますか」をはじめ、
    恋の勇気を貰える名言が散りばめられた一冊。
    青年マンガだからと、油断したら、キュン死にしちゃいますよ(笑)
    恋は雨上がりのように
    このマンガを詳しく見る
  • 恋愛・友情の両方にキュンキュンできる究極の胸キュン学園ラブストーリー★
    史上最高の爽やかさを誇るクラスの人気者風早くんと、陰気な見た目から「貞子」と呼ばれている爽子のピュアすぎる恋が中心の物語。

    椎名軽穂先生、本当に天才です…(泣)
    男女の恋愛だけでなくて、男同士・女同士の友情も繊細に描かれていて、ひとを思いやる気持ち等を考えさせられます。

    どんな試練も、自分の力で乗り越えようとする爽子の前向きな姿や、風早くんとしっかり向き合う姿には、勇気もらえること間違いナシ!
    それにしても…風早くん本当に良い人なのに、なぜ押し付けがましくないのだろうか。不思議です。
    君に届け リマスター版
    このマンガを詳しく見る
  • こいいじ

    1〜2巻を読む




    物語の全てが、タイトル『こいいじ』に詰まっている作品。…恋意地。
    20年以上も、初恋相手・聡太(妻子あり)に片思いし続けているまめちゃんの一途な恋模様が描かれています。
    聡太は5歳年上の幼なじみで、幼い頃から共に過ごしてきたこともあり、まめちゃんが恋愛対象に入らないのです。
    何回も告白して、フラれて、それでも聡太を思い続けて、恋は頭ではコントロールできないものであることを、再認識させてくれます。
    まめちゃんをみていると、あ〜恋っていいなあとボソっと呟いてしまいそうになるのです(泣)
    まめちゃんの恋がどんな結末を迎えるのか、ぜひ見守って下さい。

    こいいじ
    このマンガを詳しく見る
  • ストーカー気質相沢さん×ツンデレ眼鏡男子東くんの“トーキング”ラブコメディー!
    電車を待つホームでのふたりの会話が、クスッと笑えて、元気もらえます♪
    東くんを溺愛する相沢さんの乙女な心や表情が可愛らしいのもポイント!

    1巻のエピソード2で、さりげなくかっこいいことを言ったり、エピソード5の「な、な…長い!」が最高に面白かったり、自分の好きなエピソードがみつかるはず!

    恋人へのメールが日記風…あ〜あるあるなど…ふたりの会話に共感が止まらないこと間違いナシ★
    僕と君の大切な話
    このマンガを詳しく見る

まとめて立ち読み
5

1日10冊以上はざら!雑食系編集部員えり
30歳 | 読書のお時間ですスタッフ
わたしのあたまの中、95%はマンガ。残りの5%はネコ。
妄想だいすき、Instagram&Twitter徘徊が毎日の日課。
休日は本屋と猫カフェに入り浸り、寝る前は暗い中でぐへぐへ。「言葉は人のこころを動かす」をモットーに執筆活動中。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.