レビュー記事

心が洗われる、号泣必至の感動マンガランキング

  • 透明なゆりかご
  • 君の膵臓をたべたい
  • 37.5℃の涙
  • うせもの宿
  • 死んで生き返りましたれぽ
世の中には「涙活」なんてものも存在するらしいのですが、泣くことによってデトックス効果があるとか。それならば、感動するマンガを読めば一番いい涙活になると思いません?
辛い事も、ストレスフルな生活でも、違う世界に浸る事で脳がスイッチされて心が洗われるはず。心に残る作品ベスト5をご紹介します!
  • 新しい命が日々誕生する場所、笑顔と幸せが溢れる場所、それが産婦人科。当たり前のようにそう思っていた事が、本当は全く違っていた事にこれを読むと気付かされます。
    母親は選べないとはよく言ったものですが、様々な理由で我が子を手放さざるをえなかったり、病気や環境で普通に出産する事ができなかったりと、色んな悩みを抱えた母親がいるのです。
    辛くて涙が出る事も多々ありますが、命の大切さや感謝など生きる上で大事な事を改めて考えさせれる、心に響く一冊。
    透明なゆりかご
    このマンガを詳しく見る
  • 余命わずか…と聞くと、あぁ、お涙頂戴系ね。とつい嫌煙しがちな私ですが、そんなひねくれ者も唸らせ号泣させてしまう名作!人に興味のない超文科系男子の主人公と、彼と家族にしか病気を明かさずに毎日を明るく生きる人気者の女子高生。この正反対の2人が出会ったことで起こる数々の出来事が、ただの青春恋愛としてではなく、人としての生き方そのものを考えさせられます。映画化もされた話題作でおなじみの本作、一筋縄じゃいかないストーリーに衝撃を受けるでしょう!
    君の膵臓をたべたい
    このマンガを詳しく見る
  • 働いていても、我が子が大事じゃない親なんていない。葛藤しながら仕事に育児に頑張るその姿に涙してしまう、ワーキングマザーのバイブル的一冊。
    子どもも欲しいし仕事も続けたいという方も参考になります。
    仕事にどうしても行かなければいけない…でも、子供は熱を出したり様々な病気になったりと思うようにいきません。
    そんな時に助けてくれるのが病児保育士。
    その保育士は今日もまたあらゆる家庭に出向き、保育を通してその子供や家族の様々な問題に直面し解決していくドラマを見届けるのです。
    37.5℃の涙
    このマンガを詳しく見る
  • このお話は、徐々に真実が見えてきて途中から衝撃の展開になっていくので、決してネタバレしてはいけない、とにかく読んでいただきたい。
    絶対に後悔させません!なイチオシ作。
    ある屋敷に毎度訪れる人々、その者たちは皆「何か」を失くしています。その「何か」を屋敷で探す事になるのですが…読んでるうちに鳥肌が止まらなくなりますよ。
    その「失せ物」を見つけるまでのドラマが、毎回切なくて暖かくて…ホロっと泣けるかと思えば、後半の展開にはさらなる秘密が明かされるようになり、気づけば号泣。ハンカチ1枚では足りないかもしれません。
    うせもの宿
    このマンガを詳しく見る
  • エッセイとはつまり実際に自分の身で体験したこと。そう、この作者である村上竹尾先生は、一度死んで蘇ったのです…!その壮絶な入院生活をセキララに描いているのですが、序盤のイラストがさっと描かれた目だけ。周りの人もただの落書きのような描写、そこから自分の回復具合や状況に合わせているのか、徐々に通常の顔や色んな景色へと変わっていくのが秀逸です。是非その流れを実際に読んでいただきたい。苦悩や葛藤、家族や周りの人間たちの思いにグッと泣けてきます。
    死んで生き返りましたれぽ
    このマンガを詳しく見る
雑食すぎる書店員えんまゆ
37歳 | 読書のお時間ですスタッフ
ひたすらマンガを読み漁ってきた電子書店員。常に面白アンテナ張ってます。
「ママはテンパリスト」のごっちゃんのような息子と、爆笑ドタバタ劇を過ごす日々。
ギャグ・サブカル系・恋愛モノが主食だけど雑食です。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.