レビュー記事

平凡な毎日をビビらせる!壮絶&悲惨な日々をサバイブする女たちの地獄絵図

  • まんが名前のない女たち~最下層風俗嬢編~
  • かんかん橋をわたって
  • 本当にあった女の人生ドラマ
  • 飢餓の家
  • ダンボールで育った少女
毎日平和なのが一番。とはいえ、退屈。そんなあなた、マンガ作品に描かれた壮絶な日々を追体験してみては? 
心が悲鳴を上げてしまう、そんな作品をチョイスしました!
  • 「自分のカラダを売ったお金で生きていく──」という人生。
    それは特に不自由のない平凡な暮らしをしている多くの女性には想像しづらい世界。
    しかし、「風俗嬢」を一人の女性としてスポットライトを当てたとき、その素顔や感情は決して特別なものではない。
    きっとあなたにも共感ポイントが見つかるはず──。
    このマンガを詳しく見る
  • 嫁姑問題。それは時代が変われど女性にとって「結婚」と切っても切れない人生の大問題で「嫁と姑」は他に類を見ない独特の関係です。
    軟弱な娘だった主人公・萌が、嫁として新たな土地・家庭環境で嫁姑問題を始め様々な問題を解決し、知恵をつけ、強い女性として成長する姿は女性が本来持つたくましさを教えてくれます。
    かんかん橋をわたって
    このマンガを詳しく見る
  • 事実は小説より奇なり!
    読者の実際の体験をまとめたシリーズから、Vol.8「私は親に捨てられた!」をピックアップ。
    人は誰でも最初は「子供」。子供にとって一番悲惨なのは「親に捨てられる」こと。
    幼少時に自分の存在を否定されるという出来事はどれほどの傷を負わされるでしょう…。
    それでも大人として強く成長した体験者の姿は私たちに生きる勇気を教えてくれるはず!
    このマンガを詳しく見る
  • 病や貧困、虐待など過酷な子供たちの描写で人気のなかのゆみ先生の作品集の中の代表作。
    物質的に豊かになったこの時代に「飢餓?」と思われるでしょう。
    食べるものがない、親の愛がない……。
    豊かな今だからこそこの緊迫感を味わってほしいです。
    このマンガを詳しく見る
  • この強烈でゾッとするタイトル!
    ダンボールの中に閉じ込められているのを発見された「沙羅ちゃん」は5歳の女の子だけど、年齢も性別も一見わからない痛ましい姿で養護施設にやってきます。
    社会性も人としての感情も育っていない沙羅と先生や子供たちのそれぞれの成長は私たちに「人として育つとはどういうことか」を語りかけてきます。
    このマンガを詳しく見る
本当にあった女の人生ドラマ編集部:担当K
出版社・書店員
ご近所・家庭・職場で渦巻く女たちのドロドロした感情、せめぎ合いを描くレディコミ編集歴十●年!
週末は山スカートで登山に出掛けて自身のドロドロをスカーッと解放しています♪

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.