レビュー記事

本人はいたってクール。なのにこんなに面白いなんて!クール男子が出る笑えるマンガランキング

  • 潔癖男子!青山くん
  • 中間管理録トネガワ
  • 鬼灯の冷徹
ギャグマンガっていってもいろいろジャンルはありますが、この三作品はもうとにかくクール!クールがボケになるなんて!
格好良くて面白いこちらの作品、とくとご覧あれ!
  • サッカー実力者の主人公青山は、大の潔癖症!そのためにヘディングやスライディングなどの泥臭いプレーを嫌っていて、でもサッカーは大好きで……

    サッカー部分はマジで熱いし、潔癖パートは面白くて笑っちゃう。そんな内容にラブコメ要素も入ってきているんですよね!

    ギャグで笑えるだけじゃなく、ラブコメでニヤニヤという部分もありトライリンガルな作品となってます!
    手を洗って読もうね!
    このマンガを詳しく見る
  • 帝愛グループ幹部でありながら暴君兵藤会長のご機嫌を取り、部下の黒服には指示を出さないといけない。いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている今作はあの名作「カイジ」のスピンオフで、とにかく真面目な雰囲気でただバカバカしいことをやるという、その単純な構図がとにかく面白くて仕方ない

    カイジが流行らせた新ギャンブル系のマンガを自らフリにしたのはあっぱれ。
    僕も実際電車で笑い声出したので気をつけてください!
    このマンガを詳しく見る
  • 地獄で閻魔大王第一補佐官を務めている鬼神の鬼灯は凄腕であるが、とにかくドS!
    鬼や神獣にも容赦ない態度で臨み、それだけでなく上司の閻魔大王にもはっきり上から喋ります!

    地獄という恐ろしいイメージを払拭する面白さ。
    とにかく鬼灯が辛辣すぎて!
    笑えながらも地獄の作りをしっかり勉強出来るのも一粒で二度美味しい

    潜在的に厳しめな責め言葉を言われたいMっ気ある方ならぜひ!
    このマンガを詳しく見る
お笑い芸人 天津向
41歳 | 芸能人
芸人をやっています天津向と言います。アニメや漫画が好きです。相方は『あると思います!』の天津木村です。

▼プロフィール
広島県福山市出身。1980年2月27日生まれ。大阪NSC21期生。1999年に木村卓寛とお笑いコンビ「天津」を結成、ボケを担当。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。著書に『芸人ディスティネーション』(全4冊、小学館)がある。趣味は、アニメ・漫画。特に4コマ漫画好きで、専門のトークイベントを開催。漫画家、オタク芸能人との交友関係も広い。「劇団アニメ座」」メンバー。蒙古タンメン中本フリーク。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.