レビュー記事

恋か、舞台か……女性の葛藤を描く「舞台マンガ」ランキング

  • ライジング!
  • Lady Love 愛するあなたへ
  • DIVA
  • Love,Hate,Love.
  • 淡島百景
舞台の上の美しさ……一筋のスポットライト、一回の歓声のためにすべてを犠牲にする女性たち。その輝きは、彼女たちの恋や人間関係での葛藤の上に成り立っています。

そこで今回は、そんな彼女たちの美しさの原点を辿るマンガをご紹介します。
  • アメリカ育ちでダンス好きの少女・祐紀が受験した宮苑音楽学校は、声楽や演技力も要求される歌劇学校。
    挫折を味わいながらも成長し、何度でも自分の演技と向かい合う決意を固めていく姿に自然と涙が出てきます。

    注目は、愛する高師の演出するデビュー作で成功を収めた祐紀が、その後の公演で実力が本物でないと気づく場面。
    愛した男に「ひとりの女優」として利用され、捨てられたと感じた彼女の哀しみはいかばかりか
    それでも演じたい、踊りたい、舞台に立ちたい……と願う、ひとりの女性の生き様に胸を奮わせずにはいられないはず。
    このマンガを詳しく見る
  • バレエは、レッスンを「1日休めば自分にわかり、2日休めばパートナーにわかり、3日休めばお客様にわかる」という戒めが存在します。
    絶対的な舞台上での上下関係、そこから生まれる美しさ、妬ましさが色濃く描かれています。

    主人公・レディの妊娠がわかったとき、バレリーナとしての幸せか、女性としての幸せかを選択することに。
    自分にも、パートナーにも、お腹の赤ちゃんにとっても大事な選択……。
    現代のキャリアウーマンにも、通ずるところがあるかもしれません。
    このマンガを詳しく見る
  • バレエの主役が「プリマ」なら、オペラの主役は「女神(DIVA)」。
    バイオリン少女・リマが歌でDIVAを目指す目的は、歌姫である母親への憎しみが原因なのがなんとも哀しい……。

    そんなリマが、恋愛を諦めるときも描かれています。
    その後も彼の影を追いつつも、歌からは逃れられない少女の苦悩は計り知れません。
    美しいオペラの影でうごめく人間関係にも注目!
    このマンガを詳しく見る
  • バレエが人生の全てだった女性。彼女の初めての恋の物語は、透明感に満ちた美しいものでした。

    「これ以上やると、大好きだったものを嫌いになる気がした」という言葉が出てくるのは、それだけ本気だったという証。
    それだけの魔力を秘めた舞台バレエを捨て、隣に住む男性を静かに好きになっていく姿に、寂しくも繊細な感動を覚えます。
    このマンガを詳しく見る
  • 歌劇学校に通う女の子たちの青春を切り取った、写真のような美しさ。
    舞台に立ち、ライトを浴び、華やかな人生を思い描いた少女の苦悩が透けて見えます。

    毎年、宝塚音楽学校の発表が話題となる理由。それは、彼女たちの夢が断たれるか、望みが細い糸でつながるかの瀬戸際だから。
    儚くも美しい少女の夢をもう一度みられる物語です。
    このマンガを詳しく見る
5年の恋愛を引きずるライター 花輪えみ
29歳 | スペシャリスト
コラムニスト/ライター。
学生の頃から付き合っていた彼氏と5年目で別れ、恋愛モードを一時停止。その彼との別れで生まれた「後悔」が、執筆の原動力となっている。現在、大量のマンガ・小説からエネルギーを充電中。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.