レビュー記事

泣いてスッキリしたい!涙腺爆発のスッキリマンガベスト5

  • 聲の形
  • 星守る犬
  • ホットロード
  • 夕凪の街 桜の国
  • BASARA
辛い時、むしゃくしゃした時、元気が足りない時、涙は明日への潤滑液になってくれます。ティッシュの準備はいいですか?涙腺爆発間違いなしの、感動ストーリーを集めました。明日を元気にすごすため、今日は涙活しませんか?
  • 聴覚障害のためいじめを受けるようになった硝子と、いじめの首謀者だった将也が、年齢を重ね、ふれあいを持ちながら「気持ちを伝える難しさ」を表現しています。
    気持ちは言葉で伝えがちですが、それ以外にも伝える方法は沢山あります。はがゆい10代の成長、そして人とのふれあいに涙できる、学びの多いマンガです。
    このマンガを詳しく見る
  • 犬のハッピーと暮らす家族。しかし成長とともに、ハッピーは特別な存在ではなくなり、面倒をみるのも、離婚し一人になった父だけ。そんな父とハッピーは、どん底に落ち、最後のドライブへと走りだす。
    残酷なまでの死と、犬と人間の愛情の物語。終盤はその切なさと明るさのギャップに、多くの人が涙することでしょう。実写映画化もされたハートフルペットマンガは、ティッシュ片手に読みましょう。
    星守る犬
    このマンガを詳しく見る
  • 紡木たく原作の、ヤンキー少女マンガの決定版!大人になって読むと、また違った魅力に溢れています。
    愛情不足や悩みなどを抱える14歳の和希は、暴走族に憧れ、不良の道を歩み始める。そこで知りあった春山の刹那的な生き方に惹かれながらも、和希は母からもらえない愛情を、春山と触れ合うことで、少しずつ埋めていく。
    思春期の微妙な心を、鋭くでも柔らかなタッチで描く紡木たくナンバーワンヒット作。未熟さゆえのストーリーには、忘れていた心のピュアさが掘り起こされ、涙を誘うこと間違いなし。
    このマンガを詳しく見る
  • 舞台は昭和30年の広島。大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」の原作者が紡ぐ、もう1つの戦争ストーリーが本作です。
    本作は「夕凪の街」の主人公として皆実が登場し、「桜の国」として皆実の姪にあたる、七波が主人公となっています。
    皆実のお話は時代や場所から衝撃的な展開と、皆実の優しさが際立ち、切ない気持ちになりますが、七波のストーリーを読み進めることで、感情の動きや人間の機微をじんわり暖かく感じることができます。生きることや世代を伝えていくことについて、考えさせられるかもしれません。
    このマンガを詳しく見る
  • 強く生きることを考えさせられる、少女ファンタジーの金字塔。
    核戦争後、文明が退化した地球が舞台のSFストーリー。貧困や制圧に苦しんでいた日本では「運命の子」とされるタタラという少年が生まれる。世界を救うべくタタラは立ち上がるが、あろうことか敵軍に虐殺されてしまう。絶望する民を前に、タタラの双子の妹であったサラサが、タタラとして生きることを決意する。しかし運命のいたずらか、タタラは敵軍の王の末子に恋をしたりと、切なさも盛り沢山。
    壮大な少女ファンタジーは、涙無くしては読めない超大作です。
    このマンガを詳しく見る
マンガ大好き独女ライターしま子
39歳 | 読書のお時間ですスタッフ
マンガも本も大大大好きな独女ライター。毎月20冊は読書にいそしむ、活字中毒です。好きなジャンルは戦う女。強い女。
不器用に生きる独女ライター、力の限りマンガをお勧めします。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.