レビュー記事

「年の差」恋愛!年下彼氏が生意気でカワイイ恋愛マンガ5選

  • きみはペット
  • きょうは会社休みます。
  • 東京タラレバ娘
  • そばにいてもいいんだぜ
  • 脳内ポイズンベリー
なぜでしょう。アラサーを過ぎた辺りから、年下男子が眩しくなり始めるんですよね。でも。物理的に年齢が下ならOKというわけではありません。大人のオンナを骨抜きにした、国をあげて愛でるべき年下男子マンガをご紹介します。
  • 1位にもってきておいて、こういってはなんですが…
    これはそもそも、年下云々って話ではないかもしれませんが、ビジュアル、人間性、バッググラウンド、何を取ってもモモは最強でしょう。筆者も同棲していなくて、こんなかわいい男の子、普通に飼いたいですもん。最悪年上でも2歳↑までなら飼います!飼わせてください。いくら出せばいいですか?ってなもんです!はすみ先輩もいいんですが、モモの存在の大きさって、働いていてかつ大人の女性にはほんっと刺さります。
    あー・・・疲れてんのかな、私。
    このマンガを詳しく見る
  • 彼氏いない歴&処女歴33年のOLの花笑(はなえ)さん×21歳の大学生バイト田之倉くん。
    このねー田之倉君…いい仕事するんです!前に出過ぎないナチュラルボーンな自信とでもいえばいいですかね…「たぶん青石さんオレのこと好きですよ」って、名言だと勝手に思っています。
    思ったことを率直に伝えて、お気遣いが出来て、ちゃんとリードは欠かないのに、垣間見せる嫉妬とか、不安になってみたりとか、ホント調合が絶妙すぎて発狂しそうです。モモと僅差で2位!!
    きょうは会社休みます。
    このマンガを詳しく見る
  • そう!たられば娘で倫子との関係が気になるKEY君が3位です。
    実は過去に結婚経験のあるKEY、自分の亡くなってしまった奥さんを倫子たちに重ね、無念や素直になれない気持ちも乗っけて、思わずズケズケとキツイ台詞を浴びせてしまう。
    一見いやみな奴なんだけど、根っこが凄く人を愛してる優しい人なんだと思うんです。じゃなきゃあんなにズケズケ言わないよなーって。お姉さん包み込んじゃう♪なんて真顔で思ってしまいそうな痛さが自分に溢れている事にこれを書きながら気づいたんですが、傷ついてる人に抱くこの保護したい感情って、母性ってやつなんですかね?それとも愛?
    東京タラレバ娘
    このマンガを詳しく見る
  • 1位ー5位の中で一番筆者の心をグッとつかんだ年下男子こそこちらの楓くん♪ご飯作れて、お掃除も出来て、癒し系!至れりつくせりの穏やかな年下男子♪
    凹んだ日には、あたま撫でながら「今日はりささんの好きなご飯にしましょうね」って作ってくれて、恋の悩みには背中を押してくれて、甘やかしてくれるけれど、上手に甘えてくれる、普段は、友達みたいに一緒にDVD観てわいわい出来る、働く女にとっては、ホントに天使以外の何者でもないなと…思う作品でした!
    ほぼ読み切りの作品ですが、ホントにキューーーンってさせてくれるストーリー性はかなり優秀だと思います。リサが楓のために放つ一言って、口は悪いけれど凄く本質的で、こんなまっすぐな視点で物事を見る女性っていいなと、なんだかんだ愛される女性っていうのはそんなまっすぐさとか純粋さを持ってますよね。
    モテテクとか色々言われてるけど、小手先よりもっと本質磨くことの方がモテの早道なのかもしれません。
    このマンガを詳しく見る
  • 30歳と23歳…この年齢での年の差って結構大きい気がするけど、この2人の場合は年齢だけじゃない。
    自由すぎるオトコというものは女を翻弄する生き物だとおもうのです。アラサーともなれば、次の恋愛は結婚を意識してしまうもの。なじみのいい安定型のオトコかヒリヒリするようなオトコか。みんな脳内でこんな会議してるんだと思うけど、相手のご機嫌だけを気にしてお気遣いばっかりしてたらうまくいくもんもいかないよなーと思う典型です。
    でも、自分の中に理性では押えがたい強烈な自由さとか熱量みたいなものが爆発した時に求めるのってどっちのオトコなんだろう?と考えると、自分は熱量に傾いてしまいそうな危うさがあるなと。
    自由なオトコには自由なオンナでいる事が最善策であると、自分を解き放つの苦手な人にとっては安定型が最適であることを痛感させられる作品だと思います。あなたはどっちのタイプですか?
    このマンガを詳しく見る

まとめて立ち読み
5

ワーカホリックで婚期迷走中NIKO
39歳 | 読書のお時間ですスタッフ
そのうち結婚しますと両親に挨拶して早3年、「私たちいつ結婚するんだっけ?」という疑問はあるけれど、仕事にかまけてのらりくらりと婚期が迷走しています。
結婚は?って聞いてくる人全員トイレにはまって抜けなくなればいいのにって思って生きてます。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.